臨床心理士はカウンセラー?

臨床心理士はカウンセラー?

臨床心理士はカウンセラー?


誤解されやすいのですが「臨床心理士=カウンセラー」ではありません。臨床心理士とは簡単に言えば「こころの専門家」です。その為、この資格を持っていないと(特に病院などでは)カウンセリングの仕事に就くことは困難です。しかし、臨床心理士であってもカウンセラー以外の仕事をしている人は大勢いるため、「臨床心理士になればカウンセラーになれる」と言うわけではありません。

主にはどんな事を主とする?


臨床心理士の仕事は非常に多岐にわたります。いわゆる「カウンセリング」一つとっても、クライエントについての情報収集(インテーク)を主とするのか、心理療法をメインに据えているかでも全然仕事内容は異なります。
その他にも発達障害を持つ子どもへの療育、知能検査、学校での教員に対するコンサルテーション、復職支援などのために集団への心理プログラムなど様々なものがあります。人によっては司法領域(法務省など)で働いている人もいます。

病院ではどの立場?何をする?


さて、病院ではいわゆる「コ・メディカル」の立場で治療に加わります。即ち、言ってしまえば医師と協同して治療を行う立場と言えます。その仕事としては、主にインテークを取る、知能検査や心理検査を行う、面接によるカウンセリングを行う、集団への心理プログラムを実施するなど、幅広い仕事を行うことになります。即ち「カウンセリングだけ行える職場」と言うものはあまり多くないと言えるかもしれません。
勿論、病院のカラーや規模などによってどのような仕事を行うかについては全く異なるため、自分がどのようなサポートをしたいのかについて考えることが重要です。
 
カウンセラーになるには臨床心理士になることが重要だが、全ての臨床心理士がカウンセラーと言うわけではない。そもそも仕事が非常に多岐にわたっているため、幅広い知識が必要である。病院では心理の知識を活かして医師と協同する立場で働くこととなる。

参照サイト
カウンセリング資格をもっと詳しく